SafeMoon(SAFEMOON)(仮想通貨)とは一体? SafeMoonゆるく解説

Uncategorized

SafeMoon(SAFEMOON)とは?

 

仮想通貨SafeMoon(SAFEMOON)についてです。

ゆるくSafeMoon(SAFEMOON)について記載します。




 

 

価格関係

  • 価格 約0.0007~0.0002円前後
  • 時価総額 約200,000,000,000円前後
  • 時価総額ランキング 2500位前後(4月)→200位前後(6月)→200位前後(8月
  • 最大供給量 1,000,000,000,000,000,000 SAFEMOONコイン
  • 過去最高額 0.001537円
  • 過去最低額 0.000001円

最高値を記録してるのは現在2021年4月となっております。

 

オンラインゲームでお小遣い稼ぎ☆

 

通貨取扱取引所

  • Gate.io
  • PancakeSwap
  • MXC.COM
  • BITMart

etc….

 

Gate.ioについては↓

特徴

  • SafeMoonは2021年3月8日にローンチしました。
  • SafeMoonは米国ユタ州を拠点とするSafeMoon LLC(代表:John Karony氏)が発行する仮想通貨(暗号資産)で、DeFi(ディファイ・分散型金融)で活用されることを目指してバイナンス・チェーン上で開発されているトークンです。
  • SafeMoon白書曰く、新興のDeFi業界における大きな問題は、新規参入を妨げるAPY LPファームの存在であるとしています。
  • SafeMoonでは、トークンが売却されたときに発生しうるトークンへの圧力を取り除くために、静的報酬(取引されるトークン量に応じて報酬を条件付きにする)というアイディアの採用を目指しています。同様に、白書では、「リフレクトメカニズム」のおかげで、SafeMoon保有者がトークンを長期間保有したり、HODLできるようインセンティブを追加していることも記載しています。SafeMoonの自動LPは、トークンホルダーに価格フロア/クッションを提供することにより、プロトコルに安定性を加えます。白書曰く、SafeMoonの手動バーン戦略はSafeMoonトークン保有者の長期的な支援に繋がります。
  • SafeMoon白書には、プロトコルの安全性について次のように記載されています。開発者はローンチ前にDevウォレット内の全トークンをバーンし、DXSaleでのローンチを経てLPは4年間DXLockerにロックされます。全取引でLPが生成され、PancakeSWAPでロックされます。

 

その他・最後に(感想)

 

 

 

格安草コインで有名なSafeMoonです。SafeMoonはまだ歴史の浅い通貨ですがこの4月には急高騰しています。わずか1.5カ月で時価総額4,500億円を突破、120万人以上が購入している仮想通貨へ成長しています。
歴史が浅い仮想通貨がここまで値上がりしている理由は現在明確ではありませんが「売却時に金額の10%を手数料として徴収し、うち5%を既存の保有者に再配分するという独自のシステムが評価された」とする説や「セーフ(安全)、ムーン(仮想通貨コミュニティにおける値上がりを示す隠語)の組みあわせがウケただけ」とする説などと言われてます。
私個人的にはElon Musk氏のスペースビジネスに肖ったインフルエンス効果かと思ったりもしてます。よくツイッターではElon Musk氏のツイート内でSafeMoonのリプしている人を見ます。(そのリプ関係ないですよ……)
急成長の仮想通貨なので一過性の話題だけかもしれませんが、今後に期待してます。
バイナンスなどの大手取引所で購入が可能になればさらに値上がりする可能性があります。
ただ逆に草コインはどこまで行っても草コインの可能性も十分あります。

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました