Kuma Coin(仮想通貨)とは一体?ゆるく解説

Uncategorized

Kuma Coinとは?

仮想通貨Kuma Coinについてです。

ゆるくKuma Coinについて記載します。

今回はいつも以上に情報が少ないゆるい解説です。

 

価格関係

  • 価格 約—–円
  • 希薄後時価総額 約—–円
  • 時価総額ランキング ——位前後
  •  最大供給数    ——-
  • 過去最高額 ——-円
  • 過去最低額 ——-円

現在データなしです。

 

 

通貨取扱取引所

 

この通貨を取引している最もアクティブなマーケットは無いようです。

特徴・概要

 

 

  • 日本の仮想通貨です。kumacoin(クマコイン)は、2014年4月ごろに誕生した仮想通貨です。Monacoin(モナコイン)の名前の由来が2ちゃんねるのモナーからきているのに対してkumacoin(クマコイン)は2ちゃんねるのクマーが名前の由来となっています。なのでMonacoin(モナコイン)との関係は兄弟のような感じのようです。ただ、Monacoin(モナコイン)と違いPoW+PoSを採用しています。よってマイニングだけでなく、ウォレットにkumacoin(クマコイン)を保有しているだけでもkumacoin(クマコイン)が増えていく仕組みになっています。また、Kumacoin(クマコイン)はProbeやMintcoinを参考に開発されています。ちなみにkumacoin(クマコイン)の開発者はPeercoinベースで新たな仮想通貨をつくることを検討中だそうです。

ソース画像を表示

その他・最後に(感想)

Kumacoin に対する画像結果
KumaCoin(クマコイン)このたび初めて調査しましたが現在取引所での取引はないようです。
さらに詳しく知りたい人はKumaCoin(クマコイン)の公式です→https://kuma1.kumacoin.dev/
「もにゃ」というモバイルウォレットでも管理が出来ます。

さらに最後にクマーとは…….(・・?

 

 

2ちゃんねるでも有名なAAキャラクタークマー。「そんな餌に俺様が釣られクマー」と言いながら全力で釣られて引きずりまわされるAAや「今、どんな気持ち?ねぇ、どんな気持ち」などの煽りレスとしても使われる。基本的にウザキャラである。

2000年にモナーから派生したAAであり、当初はモナーサイズだったのですが……..2004年の頃に熊が人里に現れるニュースが相次いで放送され、2005年には「ふたりはプリクマ」というFLASHムービーが作られる頃には2ちゃんねるを代表するメジャーキャラまでに上り詰めました。

他のモナー系AAが衰退していくのを尻眼にクマーは活躍の幅をさらに広げ、2009年には「地デジカ」に対抗しクマーの頭にアンテナを付けただけの「あなろ熊」というキャラが流行し、2010年にはバンクーバー五輪の公式マスコットだと間違えられ、海外の新聞に掲載されてしまう珍事も起きた。何故か海外、特に4chanでは幼女と少女を襲いまくるPedo Bearという変態として浸透されている。世界的にはやる夫よりも有名かもしれない。なお、『Pedo』の部分は本来『paedophilia』(ペドフィリア)ではなく『Bipedal Locomotion』(二足歩行)のことらしいです。

 

これがクマーの実態です・・・・

草コインの話からずれて申し訳ないです|д゚)



コメント

タイトルとURLをコピーしました