ソーシャルメディアを完全に分散化するソリューションを開発した世界初の製品Floyx(仮想通貨)

仮想通貨

ソーシャルメディアを完全に分散化するソリューションを開発した世界初の製品Floyx

ソーシャルメディアを完全に分散化するソリューションを開発した世界初の製品Floyxを記載します。(ざっくり翻訳したヵ所もあるので参考で見て頂ければ幸いです)

 

Floyxについて

 

はじめに

 

Floyxは、現実世界、WEB、メタバースの安全と自己表現可能な空間を作成するために存在しする新しいweb3ソーシャルメディアの一つです。(見た感じはtwitter等に似てます)

Floyxは、ソーシャルメディアを完全に分散化するソリューションを開発した世界初の製品です。分散ブロックチェーン、Floyxサーバー、独自のストレージに保持する個人データの量を選択できます。
Floyxソーシャルメディアでは収益化オプションがあり記事の作成及び購読などで、Floxyトークンを獲得する事が可能です。(現在は多少のバグもありますが使用可能です、運営がその都度アプデしている感じです)

下記リンクからFloxyを始める事が可能です。まだ誕生して日が浅いため多少の不具合はあります。※現在はまだ英語以外の言語対応はされていません。アプリもあるのですが現在は収益化プログラムが一部非対応となっております。

公式ウェブサイト

アンドロイド

iOS

ちなみに私がFloxyを知り興味を持ったきっかけはCrypto Townでエアドロップが開催されてて参加したのが出会いでした。

公式SNSリンク先

 

地方分権化とWeb3

 

一元化されたソーシャルメディア(web2)の時代は終わりに近づいています。Floxyはユーザーのアイデンティティ、ユーザーの表現の自由を危険にさらしている、善意と利益志向の企業の両方を見てきてそれに伴いプロジェクトの立ち上げを行っています。

ブロックチェーンを使用すると、ID管理を分散化し、IDを認証するための中央権限を必要としないオンラインペルソナを作成し、ひいてはIDを削除できます。
分散化は、現実世界とオンラインのペルソナを近づけます。他の人の許可なしに仮想の自己表現を生かさせることで、メタバースを可能にします。

Floyxにはサーバールームがなく、ユーザーデータを保存するデータベースもありません。
不正な内部または外部アクセスが発生した場合、盗まれる可能性のあるデータはありません。
各ユーザーは自分のデータを所有しています。

分散型システムのワークフローを開発し、ユーザーが公開された資料を物理的および仮想的に所有できるように計画されました。このおかげで、公開された資料を削除したり、プラットフォームでユーザーのアカウントをブロック/削除したりすることはできません。
人的要因(意思決定)の欠如は、ユーザーとユーザーが公開するコンテンツへの干渉がないことを保証するだけでなく、セキュリティも保証されてるようです。
同時に、公開されたコンテンツをある程度管理する必要があることも認識されてます。したがって、プロセス全体は、自己学習型AIアルゴリズムによって監視されます。このアルゴリズムは、公開中の数秒間だけ、ユーザーが善行のルール(ポルノ、暴力など)に違反していないかどうかを検証します。すべてのインターネットユーザーのために安全で分散型の避難所を作りたいと思っていますが、それを利用したダークWEB化になる可能性があるため、すべてのユーザーのために特定のルールを遵守するためにユーザーを監視するソリューションを開発ししています。

アプリケーションと接続タイプ

 

データと接続に関するユーザーの選択。
アプリケーションでは、ユーザーは2つのモードを使用してコンテンツとユーザーメタデータを管理できます。

  1. 世界中のすべてのソーシャルメディア製品によって提供される古典的なものである集中型。
    アプリケーションを介して分散化(集中化されたコンテンツを公開するオプション付き)。
  2. アプリのユーザーは、データベースに何を保存するか、デバイスに直接何を保存するかを決定します。

分散型コンテンツ-ユーザーのデバイスに残り、Floyxに物理的に送信されません。私たちのプラットフォームのすべてのユーザーが対話できるFloyxの素材の生成された画像があります。

仮想通貨(暗号資産)関係

 

Floyx Coinは、イーサリアムを活用し、チューリング完全なプログラム可能性を備えながら、よりスケーラブルでエネルギー効率が高いため、Polygonチェーン上に構築されています

現在はCMCCoingekcoへリストされてます。(取引はまだ不可です)

Polygonアドレス

仮想通貨は、DAOとFloyxエコシステム全体の基盤です。マイクロペイメントとエンゲージメントに対する報酬は別として、公平性の原則に沿って、通貨保有者は、スマートコントラクトで定義されているように、利益からFloyxIncへの配当も受け取りが可能です。
仮想通貨保有者に配当を支払う最初の企業の1つであり、Floyx暗号エコシステムを強化するための従来の経済的価値を提供します。これにより、Floyxは、仮想通貨および従来の通貨システムを使用して価値の仲介者となり、良好な行動を促すことが可能となります。

Floyx上で記事を書く事により報酬を受け取れるのがFloyx Coinとなります

 

 

特徴

 

  • 安全なログイン
    ユーザーは登録時に個人データを提供せず、ウォレットに登録でき、秘密鍵に基づいて身元が確認されます。(現在ウォレットアプリは作成中です)
  • 安全なデータストレージ
    ユーザーはあなたのデータの唯一の所有者です。専用のアプリケーションを介してログインすることにより、ユーザーは公開されたすべてのデータの中に保存します。
  • 検閲なし
    分散接続を使用するすべてのユーザーは、アプリケーションに直接資料を保存します。Floyxは生成された画像の受信ポイントですが、素材を物理的に制御することはできません。したがって、削除またはブロックすることはできません。
  • DAO
    プラットフォームと暗号通貨の開発に実際の影響を与える機会。Floyx Coinの各保有者は、意思決定力を共有するチームメンバーになります。すべての人の利益に反する機能を作成することはありません。
  • 報酬と収益
    私たちのプラットフォームのすべてのユーザーへの公正なアプローチ。時間、スキル、輝き、コミットメントに応じて、誰もが利益を生み出すチャンスを得ます。基本は記事作成がメインです。
  • メタバース
    問題
    「メタバース」製品はすべて同じ間違いを犯しています。これらは一元化(web2)されたソリューションに基づいて構築されています。セキュリティ、監視、検閲の問題を意味します。
  • ユーザーデータを保存するサーバー

外部からの攻撃を受けやすい。個人データの販売の可能性。会社の規則:検閲、監視、データ収集など。

  • Floyxソリューション
    ユーザーが完全に検閲に耐え、匿名で安全なweb3テクノロジーで実行されるアプリケーションの強固な基盤により、仮想現実で実行される安全な製品を提供する準備が整いました。

ユーザーがアプリケーションから直接ログインする社内(グローバル)製品に加えて、ユーザーがコミュニティ全体を招待したり、非公開の会議を行ったりできる個別の(非公開の)デジタルスペースを作成するためのツールを生成します。

 

ロードマップ

 

2021年第1四半期(完了)
収益オプションFloxy始動

収益オプションの開始:収益化タスク下記
-記事
-毎日のタスク
-ボーナス

2021年第3四半期(完了)

6大陸144カ国から14,000人以上のユーザーが登録完了
チームの拡大目標

ブロックチェーンを含むさまざまな分野のアドバイザーや開発者によってチームを強化。

Floyxエコシステム全体をサポートするスマートコントラクトを含む、暗号通貨の作業を開始します。

2021年第4四半期(継続中)

v2.0Web2.0を更新

ウェブサイトとモバイルアプリを更新しています。Webサイトを3つのセクターに分割し、ウィジェット構築機能の準備をします。

マティックでの資金、手数料の引き出しを可能にするスマートコントラクト。

2022年第2四半期

YouTubeウィジェット

動画の視聴回数を収益化するオプションを開始します。

プレセール 2ラウンドで先行販売を開始。
Web3.0を起動します

web3アプリ(検閲に強い)の作業を開始します。

Floyxウォレット デスクトップおよびモバイルウォレットでの作業を開始します。

2022年第3四半期

Web3.0を起動します

Floyxコイン保有者向けのDAOを開始。

トレーダープロフィール オープンおよびクローズ(有料)プロファイルが利用可能です。
グループ化

オープン(パブリック)およびクローズド(有料)グループを運営予定。

2022年第4四半期

Twitch&Spotifyウィジェット(配信サービス)

TwitchとSpotifyをサポートするためのウィジェットのプラグイン。

2023年第1四半期

Floyxウォレット起動

Floyx CoinとMaticを保存するためのデスクトップとモバイルウォレットの完成(これは、ユーザーが配当から収集し、支払い/引き出しを処理するために必要な暗号通貨です)
Web3.0アプリを起動します

ユーザー側でローカルに資料を保存するためのアプリケーションの公開。本人確認用のデスクトップおよびモバイルウォレット(秘密鍵)。

2023年第2四半期から第3四半期

メタバース

VRテクノロジーのデジタル世界での作業を開始します。

 

一応現在は2023年までプロジェクトが計画されてる感じです。

 

最後に

 

Floyxは現在よりよい環境をつくるため記事作成アプリのアップデートなどを行っています。まだまだ成長段階であり今後どのように成長するかは未知数です。

一応日本人のコミュニティ(テレグラム)もあるのですがまだ体制が取れてなく試行錯誤してるようです。

すぐに規模が拡大出来るような感じではないので長期目線でプロジェクトを見守って行こうと思います。

また大きな変化があれば記載しようと思います。

 

 


 


仮想通貨ランキング
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました