Flamingo(FLM)(仮想通貨)とは一体?ゆるく解説

Uncategorized

Flamingo(FLM)とは?

仮想通貨Flamingo(FLM)についてです。

ゆるくFlamingo(FLM)について記載します。

 

価格関係

  • 価格 約65円前後
  • 時価総額 約10,000,000,000円前後
  • 時価総額ランキング 350位前後
  • 最大供給量 150,000,000 (FLM)
  • 過去最高額 135.22 円
  • 過去最低額 13.08円

 

最高値は現在2021年4月に更新となっております。



[1500円分無料PT進呈]景品交換できるオンラインゲームサイト☆

お名前.com

 

通貨取扱取引所

 

 

  • Binance
  • Gate.io
  • OKEx

….etc

 

↓↓↓日本で取扱銘柄の豊富な取引所COINCHECKキャンペーン中です。下記より登録↓↓↓

コインチェック

 

↓↓↓Gate.ioについては下記より↓↓↓

 

特徴・概要

  • Flamingo(FLM)は、Neoブロックチェーン とPoly Networkの相互運用性プロトコルに基づく分散型金融 (DefI) プラットフォームです。クロスブロックチェーン資産ゲートウェイ(ラッパー)、オンブロックチェーン 流動性プール(スワップ)、ブロックチェーン資産金庫、無期限契約取引プラットフォーム(perp)、分散型ガバナンス(DAO)などいくつかのDeFiアプリケーションを単一のエコシステムに組み合わせています。
  • Flamingoは、分散型の自律組織を介してユーザーが管理するNeo用のDeFiツールを1つの共通のエコシステムにまとめる役割を果たしています。

    分散型金融は、ブロックチェーン上で稼働する様々な金融ソリューションを含む仮想通貨業界で急成長しているトレンドです。DeFiプラットフォームは、概念的には、通貨及び金融システムから第三者と特異的な障害点を排除する役割を担っています。2019年の初めに浮上し、2020年半ばまでに、DeFi業界はすでに担保資産に40億ドル以上を誇っています。

    Defiの主なユースケースには、仮想通貨融資、イールドファーミング、分散型取引所があります。しかし、ほとんどの仮想通貨とそれぞれのDeFi環境では、これらのソリューションは通常異なる単一のプラットフォームによって提供されます。

    Flamingoのユニークな利点は、Neoトークン(トークンラッピング、流動性プーリング、アセット金庫、契約取引)のすべての主要な金融商品が組み合わせり、独自のプラットフォームで提供されている点です。プラットフォームはユーザーによって分散的に管理されます。

 

 

↓↓↓仮想通貨を初めて挑戦する人に一番お勧めBitbank下記より登録可能↓↓↓

bitbank

お名前.com

投資家の頭の中が覗ける。つながる。日本初のソーシャルトレーディング【アイデアブック】

 

その他・最後に(感想)

ソース画像を表示

 

Flamingo(FLM)はBainance等でも取り扱いのある仮想通貨で市場ランクも現在350位となかなかの立ち位置です。

最高値は今現在の価格の約2倍でした。

ロゴはフラミンゴのとなります。

 

 

 

ゆるくFlamingo(FLM)についてでした。


コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました