Cred(LBA)(仮想通貨)とは一体?ゆるく解説

Uncategorized

Cred(LBA)とは?

仮想通貨Cred(LBA)についてです。

ゆるくCred(LBA)について記載します。

 

価格関係

  • 価格 約0.8円前後
  • 希薄後時価総額 約720,000,000円
  • 時価総額ランキング 1200位前後
  • 循環供給量  1,000,000,000LBA
  • 過去最高額 36.89円
  • 過去最低額 0.185円

 

最高値を記録してるのは現在2018年5月となっております。

 

[1500円分無料PT進呈]景品交換できるオンラインゲームサイト☆

お名前.com

 

通貨取扱取引所

 

  • Huobi Global
  • Bithumb Global
  • Gate.io

….etc

 

Gate.ioについては

 

特徴・概要

    • Libra Creditが発行する通貨でCred(LBA)です。 Cred(LBA)は、ユーティリティトークンとして機能しており、Libra Creditプラットフォームにアクセスするための支払いに使用されてます。 トークンのインセンティブとしては、サービス開発者やレンディングの貸し手の紹介者に対して使われます。ガバナンストークンとしての機能もあり、開発計画やプロジェクトに関するフィードバックを提供するためのアンケートに参加するためのトークンとして使わてれます。
    • 現行のレンディング市場の不便さを解決するのがLibra Credit(LBA)のサービスです。
      現行のレンディングサービスは借り手側の障害となっているのは、個人情報から取得できる情報が限られていることで、信用サービスに対する障壁が高いです。複雑なKYC手続きが必要で、処理には長い時間がかかり、高い借り入れコストを支払わなければなりません。さらに国をまたいで借り入れをすることは困難です。レンディングのバリューチェーンを完全に網羅する幅広いネットワークパートナーシップを構築しています。AIベースのデュアル・クレジット・リスク評価計算で、担保に基づく評価と個々のクレジット・スコアリングがあります。また財源・ヘッジ流動ニーズを促進するための複数の資金源と資金を保有しています。
    • 借り手が後から困らないようにするために価格ボラティリティをなくすよう仮想通貨のステーブルコインのローンが利用されます。
  • HP→https://mycred.io/

お名前.com

 

その他・最後に(感想)

ソース画像を表示

Cred(LBA)は現在仮想通貨バブルの中で価格の上昇がない通貨となっています。2018年頃にはLibra Credit(LBA)の潜在能力の高さより高く評価していた人も多く将来性が期待されてました。現在は決して価格が伸びてるというわけではないですが、単価は1円を割る安さなので購入を考えてもいいかもです。

ポテンシャルは30円超えなので(´・ω・`)

 

 

ゆるくCred(LBA)についてでした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました