2021年5月19日の仮想通貨暴落後の現在

Uncategorized

2021年5月19日の仮想通貨暴落後の現在

2021年5月19日の仮想通貨暴落後の現在についてです。

 

 

暴落後の仮想通貨の動き

 

前日の暴落で多くの仮想通貨を一掃した後、仮想通貨市場は現在リバウンドしています。 アルトコインが記録的な回復により主要な仮想通貨と肩を並べ、それに伴いBitcoin(BTC)は5月20日に日測約460万の高値に上昇しました。

Ethereumも暴落からリバウンドをし、先日の最低値である20万円台から回復して、5月20日日測最高値である約32万ドルに達してました。その他では、Cardano (ADA,+16.73%), Dogecoin (+13.69%), Internet Computer (ICP,+29.69%), Filecoin (FIL,+27.52%), Monero (+18.59%), Waves (+19.30%), Solana (+18.74%), Dogelon Mars (ELON,53.76%), Nano (+ 30.15%)が過去24時間で印象的なリターンをした通貨かと思います。

 



[1500円分無料PT進呈]景品交換できるオンラインゲームサイト☆

お名前.com

 

暴落後のElonMusk氏のツイート

 

  • 2021年5月20日に「How much is that Doge in the window(ウィンドウ内のドージはいくらですか?)」とツイートしたテスラのCEOElonMusk氏のツイッター活動のおかげで、Dogecoinは再び上昇しました。別の関連トークンであるDogelon Mars も、テスラCEOの社会活動が0.000025円の安値から0.000049円の日中高値に上昇したました。 市場は上昇傾向にあるように見えますが、リバウンドが急落ポイントへ変わる可能性があるクラッシュ前のレベルを下回っているので注意は必要です。この点で、一部のアナリストは警告のように聞こえ、ビットコインの最近のリバウンドは「デッドキャットバウンス」である可能性があると述べています。

 

↓↓↓日本で取扱銘柄の豊富な取引所COINCHECKキャンペーン中です。下記より登録↓↓↓

コインチェック

 

Ontology Gas (ONG)が140%急増した理由

  • Ontology Gas (ONG)が140%急増した理由 オントロジーは、デジタルID、信頼、およびデータプライバシーのためのプラットフォームを提供することに焦点を当てたオープンソースのブロックチェーンです。オントロジーブロックチェーンはデュアルトークンシステムを使用します。プライマリトークンONTに加えて、オントロジーガス(ONG)と呼ばれる2番目のトークンがトランザクションの「ガス」として機能します。 オントロジーガス(ONG)は、オントロジーネットワーク上のユーティリティトークンです。 ONGは主に、トランザクションの実行やスマートコントラクトの展開の支払いなどのオンチェーンサービスに使用されます。 ONGはまた、ONTの出資を奨励するために、保有比率に基づいてONTの保有者にリリースまたは「アンバウンド」されます。初心者のために、ステーキングとは、トークンをノードに委任するプロセスを指します。簡単に言えば、この場合は、ONG報酬を獲得するためにONTトークンがロックされるプロセスです。 5月20日、オントロジーネットワークは、ONTトークンのロックに対して40%を超えるAPYという巨額のステーキング報酬を発表しました。これにより、5月20日のOntology Gas (ONG)は最低約50円台から最高120円台に押し上げられ、140%近く上昇しました。 ONGはプレス時点で約115円で取引されていました。

 

 

↓↓↓仮想通貨を初めて挑戦する人に一番お勧めBitbank下記より登録可能↓↓↓

bitbank

お名前.com

投資家の頭の中が覗ける。つながる。日本初のソーシャルトレーディング【アイデアブック】

 

その他・最後に(感想)

 

今回の暴落にてダメージがあった人また、そこから利益を生んだ人がいると思います。

2021年5月は仮想通貨の恐ろしい側面が見えた一か月だったのではないかと思います。

ちなみに私は…..買い増しを選択してました(´・ω・`)

 

 

 

 


コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました