人気仮想通貨 OMG Network(OMG)とは一体?ゆるく解説

Uncategorized

OMG Network(OMG)とは?

仮想通貨OMG Network(OMG)についてです。

ゆるくOMG Network(OMG)について記載します。

 

価格関係

  • 価格 約700円前後(2021年5月末日)
  • 時価総額 約99,000,000,000円前後
  • 時価総額ランキング 85位前後
  • 最大供給量 140,245,399 (OMG)
  • 過去最高額 3,109.49円
  • 過去最低額 35.06円

 

最高値は2018年1月に更新となっております。



[1500円分無料PT進呈]景品交換できるオンラインゲームサイト☆

お名前.com

 

通貨取扱取引所

 

 

  • Coincheck
  • Bitbank
  • Binance

….etc

人気通貨のため日本の販売所・取引所ではほとんどの場所で取扱されています。

 

↓↓↓日本で取扱銘柄の豊富な取引所COINCHECK(OMG取扱)キャンペーン中です。下記より登録↓↓↓

コインチェック

 

 

 

特徴・概要

簡潔にOMGを言うと….

  • OMGネットワークは現在、世界中に駐在している50人以上のメンバーを含むチームで構成されています。タイ出身のVansa Chatikavanij氏によって創立され、以前はOmise Holdings社として知られていたタイ拠点のフィンテック企業SYNQAの子会社として経営されています。

    Vansa Chatikavanij氏はニューヨークのコロンビア大学で地球環境学の修士号を取得しました。その後、Chatikavanij氏は2017年にOMGネットワーク(当時はOmiseGO)を創立する前に、国際金融公社(IFC)や世界銀行グループを含む著名な金融機関でコンサルティング業務に携わりました。

    Chatikavanij氏は、現職であるCEOポジションに移行する前の2019年までは同社の社長でした。また、であるHuawei Technologies社のブロックチェーンR&D戦略の元責任者であるStephen McNamara氏がOMG NetworkのCOOに就任しています。CTOには、経験豊富なエンジニアおよびコンサルタントKasima Tharnpipitchai氏が就任しています。

OMGの主な特徴とは…

  • OMG Network(旧称OmiseGO)は、Ethereum ブロックチェーン用に構築された、ノンカストディアルなレイヤー2スケーリングソリューションです。OMG Networkは、Ethereumスケーリングソリューションとして、Ethereumネットワーク上で直接取引する場合よりもETHとERC20トークンを大幅に高速かつ安価に取引できるように設計されています。
  • ネットワークは、MoreViable Plasmaと呼ばれる新しいスケーリングソリューションに基づいています。MoreViable Plasmaは、サイドチェーンを使用して、オフチェーンでいくつかの取引をグループ化し、Ethereumルートチェーン上の単一取引として検証することを可能にします。OMG Networkによると、この技術は Ethereum での取引数(TPS)を、現在のEtehreum1.0が現在可能な10ー14TPSから数千にまで拡張できる可能性があるということです。
  • ネットワークはOMGユーティリティトークンによって稼働されます。トークンはOMGネットワーク上で手数料の支払い方法の1つとして使用できる上、最終的にはステーキング可能となり、報酬の代わりとしてネットワークを安全に保護するのに役立ちます。

OMGの供給量は….

  • ほとんどの 仮想通貨同様に、OMGネットワークトークンの最大供給量は固定されています。正確には140,245,398OMGに設定され、この数を超えて増加することはありません。他の多くの仮想通貨とは異なり、この総供給量は既に鋳造されており、大部分は市場に流通しています。

    総供給量のうち、トークンの65.1%が投資家に配布され、5%がエアドロップで配布されましたが、最後の29.9%はプロジェクトとチームによって保有されています。この29.9%のうち、20%は将来の開発とネットワーク検証のためOMG Network上にあり、残りの9.9%は創設チームのための準備高として保有されています。

    OMG準備高とチーム割り当てはどちらも1年間ロックされましたが、現在1年を経過しています。

セキュリティ面は…

  • OMG Networkメインネットは最終的に プルーフオブステーク (POS)コンセンサスシステムに移行し、ユーザーはネットワークを安全に保ち、報酬を得るためにトークンをステークできるようになります。

    それまでは、OMGネットワークの子チェーンは、プルーフオブオーソリティ(PoA)コンセンサスメカニズムによって保護されています。基本的には、プルーフオブステークメガニズムの簡素化されたもので、単一のブロック生成者(OMGネットワーク自体)によって制御され、ネットワークを公平に保っています。

    OMG Networkは、可能な限り早くプルーフオブステークに移行する予定です。移行すれば、OMG保有者は ステーキング をバリデーターに委任することで、ステークホルダーになることができ、ネットワークを安全に保つことができるようになります。

 

↓↓↓仮想通貨を初めて挑戦する人に一番お勧めBitbank(OMG取扱)下記より登録可能↓↓↓

bitbank

お名前.com

投資家の頭の中が覗ける。つながる。日本初のソーシャルトレーディング【アイデアブック】

 

その他・最後に(感想)

ソース画像を表示

 

OMG Network(OMG)は多くの日本の仮想通貨販売・取引所で扱いのあります有名通貨です。

現在価格は700円前後ですがかつては3000円超えるポテンシャルを見せてます仮想通貨です。

フィリピンの経済成長を促進するために開発された仮想通貨なのでフィリピンの経済情勢にて大きく左右される通貨かと思います。

 

まだまだ上昇の可能性は十分にあると思います。将来が楽しみなメジャー通貨です。

 

 

ゆるくOMG Network(OMG)についてでした。


コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました